よく使う検索をメインメニューに表示すると『体感便利度(´∇`)』がアップします。

画面,開発メモなど,名簿,新機能新機能

新沙羅では、世帯主名簿は『兼務寺院の檀家さん』や『納骨堂だけの人』『友人知人』などすべての戸主名簿が入力できます。

今まで『兼務寺院だけ』『友人名簿だけ』など、特定条件の名簿を表示・抽出するには、『いったん全名簿を表示してから「検索」をクリックして検索条件を作成して絞り込んで、、、、』と、何回かクリックしなければいけませんでした。

『よく使う検索』はメニュー化できますので、

例えば、春秋の永代経法要などの案内を出す場合、実際に印刷するまでのクリック回数が大幅に削減できます。

(※カスタマイズ納品なので、案内文書はあらかじめ打ち合わせの上、叩き台を作成します。→→ お寺さんはエクセル等でフォントや文書修正・位置微調整が可能です。)

ちょっとしたことなんですが、、、、使ってみると意外に便利です。

メニュー化は、名簿または過去帳一覧画面からの『検索』アイコンからできます。

「起動メニューに追加」にチェック。※登録後は沙羅の再起動が必要です。

メニューそのものの名前も変更できます。変更する方法はこちら