エクセル設計の差し込み印刷→xlsx形式を標準に。画像も使用可能です。

印刷,名簿,会費請求・入金処理新機能,パッケージ沙羅との違い,エクセル自由設計

高速処理・画像挿入可・沙羅関数日本語化・XLSX形式標準

沙羅では旧エクセルファイルも使えるよう形式はxlsを標準仕様でしたが、新沙羅では現行のエクセル形式(xlsx)が標準となりました。
・次のページでも画像が印刷されるようになりました。(沙羅では最初の1ページにか印字不可でした。また、画像挿入もエクセル標準の方法でできるようになりました。
処理速度が速くなりました。
・一部のエクセル関数(4則など)などの機能向上となりました。
(ABS, AND, IF, INT, LEFT, MID, MOD, OR, RIGHT, ROUND, ROUNDDOWN, ROUNDUP, SUBSTITUTE, SUM, TRIM 関数に対応。上記以外の関数は未対応。)

今までお使いの帳票を開いて、xlsx形式で保存することにより、旧沙羅関数も使えます。

ゆうちょ銀行で配布している郵便振替取扱票や、沙羅用の「郵便振替用紙付きA4用紙(窓明封筒対応)」に印刷する場合は、やはりエクセル自由設計機能を使われるのがいいかと思います。

旧沙羅ではWindows95時代からの名残りでアルファベット表記関数が多かったのですが、新沙羅では日本語表記関数に変更しました。
新沙羅では、墓地情報(発行日や墓地備考)も印字できます。

※サンプルを編集した方が簡単です。(xlsx_userフォルダ内にあります。)
※最新エクセル形式(拡張子はxlsx)で保存してください。
シート名はsheet1のまま変更しないでください。

郵便振替用紙印刷用の沙羅関数(旧沙羅→新沙羅の対比表)


旧沙羅 新沙羅
宛先世帯主名 **Postalcode
**Address1
**Address2
**Name
**郵便番号
**住所上段
**住所下段
**建物名等(※住所の3段目)
**氏名
家番号 **HouseNo **家番号
電話番号(市外局番) **tel1 **電話番号1
電話番号(市内局番) **tel2 **電話番号2
電話番号(末尾4桁) **tel3 **電話番号3
印字金額(桁ごとに分割) **Kingaku10000000
**Kingaku1000000
**Kingaku100000
**Kingaku10000
**Kingaku1000
**Kingaku100
**Kingaku10
**Kingaku1
**振込金額10000000
**振込金額1000000
**振込金額100000
**振込金額10000
**振込金額1000
**振込金額100
**振込金額10
**振込金額1
加入者名 **加入者名
※沙羅関数を使わず、
直接「○○寺」と記載した方が便利です。
口座番号 ※沙羅関数を使わず、
口座番号の欄に直接数字を記載した方が確実です。
通信欄(印刷直前のウィンドウで入力する文字を使う時) **通信欄1
**通信欄2
**通信欄3
**通信欄4
**通信欄5
墓地情報 **AcreName
**LicenseNo
**Plat
**AcreLine
**AcreNo
**SacredGround
**墓地名
**墓地許可番号
**墓地区
**墓地列
**墓地番号
**墓地聖地
**墓地申込日(例:2016/12/14)
**墓地申込日和暦数字(例:平成28年12月14日)
**墓地発行日(例:2016/12/14)
**墓地発行日和暦数字(例:平成28年12月14日)
**墓地管理費
**墓地備考1
**墓地備考2
**墓地備考3
備考欄に明細を印字する場合のその項目名 **Kingaku1Name
**Kingaku2Name
**Kingaku3Name
**Kingaku4Name
**Kingaku5Name
**Kingaku6Name
**Kingaku7Name
**項目名1
**項目名2
**項目名3
**項目名4
**項目名5
**項目名6
**項目名7
備考欄に明細を印字する場合のその金額 **KingakuGoji
**Kingaku2
**Kingaku3
**Kingaku4
**Kingaku5
**Kingaku6
**Kingaku7
**金額1(例:旧護持会費)
**金額2(例:旧墓地管理費)
**金額3
**金額4
**金額5
**金額6
**金額7
**合計金額

PDF–郵便振替用紙用自由設計