「最近50年の過去帳」をメインメニューに出す方法

開発メモなど,過去帳・帰幽/式年祭,新機能エクセル自由設計

『普段は最近の50年だけを表示するようにしたい』というご要望がありました。
毎回検索するのは大変なので、メインメニューに作る方法を考えてみました。

過去帳一覧で「検索」→「検索履歴への登録(起動メニューに追加)」

(1)過去帳一覧画面の検索アイコンより、1つ適当に検索履歴を登録してください。検索内容は何でもいいので、「タイトルを「50年過去帳」」としてください。

(2)ツールバーの『検索履歴の読込』にできています。検索条件を編集して、下の内容をコピー&ペーストして上書きしてください。

検索履歴への登録
(((OLD.Seireki) > (CONVERT(int,Year(CURRENT_TIMESTAMP))-50)))

例:今年は2021年とした場合、昭和47年以降の過去帳が表示されます。

※「33年」にする場合は、 上記式の50を33 にしてください。(ご自由に)

シンサラを再起動するとメインメニューに追加されています。

※「50年過去帳」が表示されている状態から「家別過去帳」を印刷すると、「最近50年の家別過去帳」が印刷できます。

(そのままですと全員の家別過去帳が印刷されます)ので、家番号などで絞り込んでください。
絞り込んだ時は「その家の最近の50年過去帳」が表示されます。

その状態でツールバーから家別過去帳を印刷することができます。