スケジュール入力画面から会計へ転記の処理について

カレンダー,会計,新機能新機能,パッケージ沙羅との違い,便利な機能

※必ずしも会計連動で転記する必要はありません。その日の記録としてご利用できます。

慣れるととても便利な機能です。
例:『寺会計』と『護持会会計』と『特別会計』があった場合、1つのスケジュール画面からそれぞれの会計に転記できます。
『スケジュール』入力画面で相手先と金額を入力して『転記』ボタンをクリック
準備:
会計メニューで会計科目を設定後、『ユーザー設定』の『スケジュール設定』のタブにて金額の種類(名前)と「どの会計のどの科目に転記するか」を設定しておきます。