過去帳から選んで『回向簿』『宛名書き』『短冊』

過去帳・年忌・年祭・帰幽/式年祭,回向簿カスタマイズ例,使うと便利

行事ごとの読み上げ表・お塔婆リストや受付用資料の作成を効率よく作るための機能です。

※操作感としましては、沙羅の名簿での『宛名書き(その都度印刷)』機能の過去帳版という感じです。
左側に全過去帳が表示され、検索などで絞込み、印字する過去帳を右側にリストアップする(Shift+複数選択可能・同じ法名を複数回可能)、、、、という機能です。

例1:あらかじめ過去帳に『永代経』という項目を作って、チェック(レ点)をつけておく

左側の一覧画面で(レ点)の付いている法名だけを縛りこんで、右側に移す(全て選択)、、、ということができます。
(不要な行を除く場合は、行を選択して「←」ボタン)

例2:3月の過去帳だけ検索して右側に移す

などが、一瞬でできます。(※沙羅にも「過去帳から作成」という機能がありましたが、処理も遅く、事前選択ができませんでした。)

※以下の機能は、「沙羅の各宗派版の回向簿作成機能」の64ビット高速バージョンです。↑↑で作成したデータをもとに↓↓のように家ごとに追記できます。

『先祖代々』を追加するときは、回向簿行事を作ってから編集画面で入力する方が便利です。

同じ家で違う方が塔婆をあげる場合も、編集画面で入力できます。